お墓の資料のお問い合わせはこちらから
霊園見学会のご予約はこちらから

Q & A

何でお墓が必要なの?

最近では散骨など、お骨を粉にして自然に帰し、お墓を建てない、または必要ないという考え方の人が増えてきています。
お墓は亡き人の生きた証を残すという側面と故人を偲ぶ供養という二つの側面があります。
自分の家族の死を悼まない人はいません。肉親の死を悼み供養したいと思うのは人間としての自然な感情でしょう。
そのときに手を合わせる存在となるのがお墓なのです。
お墓の資料のお問い合わせはこちらから

自分の生きた証を残したいなどの理由から生前に自分のお墓を建てる「寿陵(じゅりょう)といいます」人もいます。死んでから子供たちに迷惑をかけたくないなどの理由で、同様に生前にお墓を建立する人々も増えています。死んだ後の自分の居場所を確保したいと考えるのもまた、自然な情というものでしょう。
いずれにしても、お墓は残された遺族の方、また子孫にとっても必要なものです。先祖を偲ぼうにもお墓がなければかないません。
自分一代のことでなく、その先々の子孫や残された人々のことを考えれば、やはりお墓は必要不可欠といえるのではないでしょうか。
お墓の資料のお問い合わせはこちらから

お墓はいつ求めたらいいの?

仏教では、過去、未来で物事を考えます。そしてこれも合わせて三世(さんぜ)と言います。一番大切なのは現世で、過去でも未来でもありません。生きている人を基本にした仏教本来の考えでは、お墓をいつ建てたら良いかという決まりはありません。大切なのは供養の気持ちです。
お墓の資料のお問い合わせはこちらから

お墓を買うということは費用的にも労力的にも大変なことです。最近では寿陵墓=生前墓を購入する人が増えてきています。自分で納得のいくお墓を求められるのは幸せなことだと思います。
お墓や仏壇や礼拝物などは(どんな高価なものでも)相続税の対象にならないので生前にそれらを買われると節税対策になり、必然的にその分のお金は生前の資産から差し引かれるので後に残った家族の相続税の負担を軽減することが出来ます。
お墓の資料のお問い合わせはこちらから

お墓を選ぶ時は何に注意すればいいの?

お墓を選ぶポイント

宗旨・宗派

自分の属する宗旨・宗派は何か?
今後どうしたいかなどを決めていきましょう。霊園によっては新宗教では購入できないケースもあるのでよく確認しましょう。

立地

やはり、お参りに行きやすい所が一番です。たとえ、すぐ近くに求めることができなくても交通の便がよければ案外時間がかからず行けたりするものです。

価格

墓所を求めるには、永代使用料、管理費・墓石代が必要です。費用がどういう内訳でどれ位かかるのか、お気軽にいしほうまでご相談下さい。

環境

墓地の環境としては、日当りや風通し、水はけの良い所がよいでしょう。また山間部などでは地盤についても調べておけば安心です。

設備

管理事務所や駐車場、休憩所、法要設備などの有無や規模はとても重要です。また墓地全域を平坦設計にするなどお参りしやすい霊園が増えています。

管理

民間の霊園などでは、管理者が定期的な清掃や見回りにあたりますが、管理事務所が無く管理人がいない墓地では清掃や備品の管理は行き届かない場合があります。

墓相って何ですか?

墓相は根拠がないので気にしないように

お墓はあの世のことに関わっている未知なる問題ですから、お墓の吉凶を言う墓相家がいても不思議ではありません。南向きが良いとか、北向きは良くないと言います。
しかし墓相家によっては違う意見を言う人がいて矛盾が生じてきます。

現在、大多数の人が葬られる霊園形式の墓地ではなかなか好みの場所にお墓を購入することは難しいことです。特に都会でお墓を求めようとする人にとってはなおさら大変です。お釈迦様のお骨は方角に関係なく、縁のあった八つの場所に葬られたという歴史的事実もあり仏教的に見てもどの方角が良いと言う考え自体、根拠がないので気にしないことです。

お墓の資料のお問い合わせはこちらから

墓石にとって日が当たらないので石の劣化を防ぎ、長持ちさせます。

お墓を長男以外に継がせることはできるの?

お墓の継承について

少子化の影響もあり、子供がいなかったり、いても娘だけで跡取りのいない夫婦が多くなってまいます。この場合、お墓を継承することに対して不都合が起こる可能性があるので、申込にあたっては注意が必要です。
お墓の資料のお問い合わせはこちらから
こんな選択はいかがでしょうか?
「両家墓」と言う選択方法があります
「両家墓」とは同じ墓地に両家のお墓を並べて建てるか、一つの墓石に両家の姓を入れるお墓です。お寺などでは二つの姓を刻むことを認められないケースもありますので確認が必要です。
お墓の資料のお問い合わせはこちらから

お墓の資料のお問い合わせはこちらから

お墓の引越しってできますか?

お墓の改葬

遠くてなかなか墓参りに行けないので、実家のお墓を今住んでいるところの近くに持ってきたいのですが?
可能です。ただし、引越しする前のお墓がお寺の場合は慎重な配慮が必要です。お寺にとってお墓の引越しは檀家を失うことを意味するので、引越しを嫌がる場合もあるようです。
今までお世話になったというお礼もして、丁重に物事を進めます。
【お墓の引越し】は一旦、埋葬したお墓を他のお墓に移すことで「改葬」といいます。
「埋葬法」の規定通り事を進めます。古いお墓の場合、遺骨が土に戻っていることが多いのでその場合そこの土を取ってきて新しいお墓に入れます。
一般的な改葬の手続き

引越し先のお寺か霊園の管理者から「受け入れ証明書」を発行してもらいます。

お墓の資料のお問い合わせはこちらから

前のお墓の管理者から「埋葬証明書」を発行してもらいます。

お墓の資料のお問い合わせはこちらから

市町村役場に申請して、「改葬許可書」を交付してもらいます。

前のお墓の管理者に「改葬許可書」を提示します。そして遺骨を取り出した後、御住職に「お魂抜き」をしてもらいます。

お墓の資料のお問い合わせはこちらから

新しいお墓の管理者に「改葬許可書」を提示します。その後お墓に納骨し「納骨供養」をしてもらいます。

お墓の資料のお問い合わせはこちらから お墓の資料のお問い合わせはこちらから

お墓の購入は かんそうしん「やすらぎローン」

お墓を購入したいのですが老後の為に貯蓄しときたい。そういう時は?

総額100万円の場合

団体信用生命保険無し

お支払い回数 60回(5年) 84回(7年) 120回(10年)
月々支払い金 17,924円 13,168円 9,609円

団体信用生命保険付き

お支払い回数 60回(5年) 84回(7年) 120回(10年)
月々支払い金 18,102円 13,348円 9,795円

※団体信用生命保険とは?

 ローン契約者が返済中に本人に代わって生命保険会社が、
 その時点の残高に相当する保険金を債権元に支払い、ローンが完済する制度。

カード決済

賢く買ってポイント貯める

※各カード会社との契約内容による

カード決済

墓石に使われている石は何という石?

墓石に使う石材は、『花崗岩(かこうがん)安山岩(あんざんがん)斑糲岩(はんれいがん)閃緑岩(せんりょくがん)』といった石材が一般的に多く使われています。
『花崗岩(かこうがん)』は、一般的に『御影石(みかげいし)』と呼ばれておりますが兵庫県の御影地方が花崗岩の産地として有名だったことから、こう呼ばれる様になりました。
『花崗岩(かこうがん)』では、『庵治石』などが有名です。
『安山岩(あんざんがん)』では、『小松石』などが有名です。
『斑糲岩(はんれいがん)』では、『浮金石』などが有名です。
『閃緑岩(せんりょくがん)』では、『能勢石』などが有名です。
また、日本では、『大理石(だいりせき)』を墓石として使用する事は殆どありません。
『大理石(だいりせき)』は耐候性に弱く、酸性雨にも弱く屋外への施工が向いていない為です。
中国雲南省大理で産出されることに、ちなんで付けられた名前です。

お墓の引越し?

すでに埋葬してある遺骨を別のお墓に移したりする事を(改葬)といいます。
『郷里にお墓はあるが遠くてお墓参りになかなか行けない』
『宗教を替えたので宗教の自由な墓地に移したい』など、様々な理由・事情があると思います。
まず、新しくご遺骨を移す墓地の管理者より【受け入れ証明書】を発行してもらいます。
次に、古い墓地のある市町村役場にて【改葬許可申請書】の用紙をもらって下さい。
次に、新しく移す墓地の【受け入れ証明書】【改葬許可申請書】をもって、現在納骨されている墓所の管理者に所定事項を記入し、記名捺印していただきます。
そして、記名捺印していただいた【改葬許可申請書】と印鑑をもって【改葬許可申請書】をもっらた市町村役場に提出します。
改葬許可証が発行されます。

※各市町村役場によって、手続きが違う場合が御座います。一度、役所に確認を入れてからお手続きされて下さい。

卒塔婆とは?

「卒塔婆」とは、遺骨を埋葬するときや年忌法要などのときに、お墓の後ろにたてる細長い板のことです。
「卒塔婆」または「塔婆」といいます。
これは、古代インドのサンスクリット語「ストゥーパ」を中国語に音写したものです。
釈尊の入滅後、その遺骨(仏舎利)は弟子たちに八つに分骨され、インド各地8カ所に埋骨されてその上に塔を建てました。
これが「ストゥーパ」です。
この塔は、舎利信仰の発展に伴い、大型化して五重の塔などに変化していきました。
この塔を象形化した石塔が『五輪塔』です。
「卒塔婆」は、この『五輪塔』を簡略化したものです。
日本では「卒塔婆」というと、長さ1~2mほどの「板塔婆」を指します。
先端を塔の形にし、上の方には仏教の宇宙観を表す五大要素【空・風・火・水・地】をシンボル化した宝珠・半円・三角・円方を刻み込んでいます。

お彼岸とは?

「お彼岸」という言葉は、インドで使われているサンスクリット語の「パーラミター」を訳したもので、いろいろな迷いの多いこの世、こちら側の岸から悟りの世界の彼方の岸、彼岸へ到達するという意味を持っているのです。
暑さ、寒さも彼岸までといいますが、春の彼岸は春分の日を中日に、秋は秋分の日を中日に前後3日間を合わせ、合計7日間行なわれます。
中日は昼夜の長さが等しく、太陽が真東から出て真西へ入ります。
真西に沈む夕陽を拝みながら、その彼方にある浄土を思い、そこにいるご先祖様を偲んで仏事を行なう期間です。

お盆が終わったら…

新盆用の白い提灯は、1回(1年)限りの使用です。
新盆が終った時点で、お寺などに納めて【お焚きあげ】したり【川に流したり】します。
色の付いている『盆提灯』は毎年使えるものですから、お盆が終わったら綺麗に拭いてから箱に入れて保管します。

新盆とは?

亡くなられてから初めて迎えるお盆を『新盆(にいぼん)』、または『初盆(はつぼん)』といい、普通のお盆よりもお飾りやお供えを盛大にします。
親戚や故人と親しかった方々は、故人の成仏と感謝の心を込めてお供え物をします。
お盆提灯はお供えとして最高のものとされています。
新盆を迎えるご家庭では白い盆提灯を1個用意し、他に絵柄の入った盆提灯をお飾りします。
精浄無垢の白で霊を迎える意味から白木で作られた紋天が最も多く使われます。
軒先や縁側や仏壇の前に吊るして火を灯し、その灯りによって精霊に迷うことなく家まで導かれるという意味が込められています。
新盆用提灯は1回(1年)限りです。

※『新盆(にいぼん)』は地方によっては『新盆(あらぼん)』と言う処があります。

迎え火・送り火?

13日の黄昏に苧殻(オガラ)を門に焚いて亡き霊を迎えるのを「迎え火」といい、16日にまた苧殻を焚くのを「送り火」といいます。
「魂迎え」・「魂送り」の意味です。
「迎え火」はお墓や玄関先で火を焚いて先祖が帰ってくる目印にするもの。
「送り火」は先祖を送り出す火ですが、ご家庭によっては実際に火を焚くことができない場合もあり、そうした時には盆提灯に電気で明りを点すことや明りを入れないでただお飾りするだけで「迎え火」、「送り火」とすることもあります。

お盆の期間は?

お盆の期間は、東京などは7月ですが東北・関西やその他の地域ですと8月に行なわれます。
昔は陰暦の7月に行なわれておりましたが暦が太陽暦になった今日では7月が新盆で8月が旧盆という慣習で地方によりそれぞれお盆の月が異なります。
迎え火は7月13日(8月13日)、送り火は7月16日(8月16日)ですが、実際には7月(8月)に入ると同時に、盆提灯を仏前や玄関先・軒先に飾ります。
この期間、お仏壇を美しく飾り、果物や野菜、菓子などをお供えします。
僧侶を招いてお経を、あげてもらい、お墓参りをします。

お盆とは?

お盆は正式には「盂蘭盆会」と言います。
これはインドの言葉の一つ、サンスクリット語のウラバンナ(逆さ吊り)を漢字で音写したものです。
お盆のはじまりについて「盂蘭盆経」の中の親孝行の大切さを説いた教えが昔から知られています。
それは…
「お釈迦様の弟子の中で、神通力一番とされている目連尊者が、ある時神通力によって亡き母が飢餓道に落ち逆さ吊りにされ苦しんでいると知りました。
そこで、どうしたら母親を救えるのか、お釈迦様に相談にいきました。
するとお釈迦様は、『おまえが多くの人に施しをすれば母親は救われる』と言われました。
そこで目連尊者はお釈迦様の教えに従い、夏の修行期間のあける7月15日に多くの層たちに飲食物をささげて供養したのです。
すると、その功徳によって母親は、極楽往生がとげられました。」
という話です。
それ以来(旧暦)7月15日は、父母や先祖に報恩感謝をささげ、供養をつむ重要な日となったのです。
日本各地で行われるお盆の行事は、各地の風習などが加わる、宗派による違い、などによって様々ですが、一般的に先祖の霊が帰ってくると考えられています。

公営墓地・寺院墓地の違いとは?

現在お墓を経営出来る者は経営主体で区分すると、主として3つの種類があります。
「公営墓地」・・・一般に言う都営、市営、県営などの自治体が行うもの。
「宗教法人営墓地」・・・一般に言う民間墓地、お寺様が経営主体。
「公益法人営墓地」・・・財団法人が経営。
「公営墓地」・・・市や県や都などで運営されている墓地。
(使用希望者が多いため、使用権は抽選で決められることがほとんどです。また居住年数や埋葬するご遺骨の有無など、応募資格という形で制限されていることがほとんどです。ただし宗旨宗派を問わず、使用料も安価になっています。)

宗教法人営墓地には一般的に、次の2種類があります。

●寺院の境内にあり、その寺院の檀家なければ使用できない墓地
葬儀等法要事は、全てその寺院にてとりおこないます。

●寺院が境内ではなく、比較的大規模な墓地を経営する場合
このほかにも、神道様の専用墓地やキリスト教様の専用墓地などがあります。
(宗旨・宗派を問わないものが多い墓地です・在来仏教に限るという制限する墓地もあります) 公益法人営墓地 郊外にある大規模な墓地が多く、基本的に宗教宗派を問わず誰でも申し込むことができます。

霊園マップ

千葉県 神奈川県 東京都 山梨県 静岡県 愛知県
簡単らくらく 資料請求フォーム
永代供養墓・合祀墓 特集

インターネット検索ランキング

1位 佐浜墓所 西区佐浜墓所
静岡県浜松市
2位 佐浜墓所 西区佐浜墓所内
永代供養墓『共生の里』

静岡県浜松市
3位 沼津やすらぎ霊園するが 沼津やすらぎ霊園するが
静岡県沼津市
4位 南葉山霊園 南葉山霊園
神奈川県横須賀市
5位 千代田霊苑 千代田霊苑
山梨県甲府市
石鵬のブログ
会社概要
施工実績
仏壇
日本墓石店100選
全国石製品協同組合
各種カードで決済できます。

鎌倉五山・鶴岡八幡宮御用達石材店
霊園・お墓のことなら株式会社 石鵬

↑ページトップへ