お墓の資料のお問い合わせはこちらから
霊園見学会のご予約はこちらから
お墓・霊園・墓地情報神奈川県鎌倉市 > 臨済宗 円覚寺山内白雲庵墓苑

臨済宗 円覚寺山内白雲庵墓苑

臨済宗 円覚寺山内白雲庵墓苑
由緒ある北鎌倉の名刹で安らかなる永遠のねむりを…
墓域からは霊峰富士山を一望
境内東屋
■古都鎌倉
古都鎌倉の名所として名高い鎌倉五山第二位円覚寺の境内『白雲庵』に墓地をお持ちになるということは、末代までの孝徳と弊社は確信いたします。

■歴史の名刹
閑静で四季折々の自然を感じられる墓所 鎌倉市内を見下ろす。
晴れた日には、富士山も白雲庵は、歴史の街鎌倉の自然をを肌で感じ、四季折々の移り変わりを味わえる名刹墓所です。

本尊/宝冠釋迦如来像(指定重要文化財)
開山/東明慧日禅師坐像(国指定重要文化財)
白雲庵の歴史
当山開山は、中国元の高僧で曹洞宗を修めた東明慧日(とうみんえにち)禅師である。
禅師は1308年、時の執権北条貞時の招きで来日し、1310年円覚寺第10世となり1340年遷化するまで、建長寺、寿福寺等の住職を務め、また、白雲庵学林を形成し、関東五山文学の中心拠点となった。
室町時代末期に臨済宗に転宗。
白雲庵は、臨済宗大本山円覚寺 第十世で暦応3年(1340年)10月4日に示寂した東明恵日(とう みんえにち)禅師の塔所で、円覚寺の塔頭(たっちゅう)のひとつです。 禅師が退居寮として1312~16年に開創しました。
曹洞宗を修めた中国元の高僧、禅師は1309年北条貞時(時宗の子)の招きで来日し、1310年 円覚寺第十世となり、遷化するまで建長寺(18世)等の住職を務めました。その後、室町時代末期 に臨済宗へ転宗しました。
白雲庵の名の由来は、禅師が中国「白雲山」の住職だった事と、「白雲抱幽石」という漢詩の一節 に因んでいます。
また安置されている「木造東明禅師坐像」は、南北朝期に作られた重要文化財 です。
他にも、南北朝期の本尊「宝冠釈迦如来坐像」も置かれており、全てが重要文化財と言える お寺です。
禅宗では、高僧の塔がある所を塔頭(たっちゅう)といいます。
円覚寺の繁栄時には42院の塔頭が ありましたが、現在は19となり、白雲庵は最も古い塔頭です。 平成8年8月10日に新しい本堂を落成しました。
その本堂は、前に2基の五重石塔・石灯籠などの石の建造物が見られるとても素晴らしい建物です。
本堂は国有林の官財である檜を使用し、つやのある淡い鼈甲色の材が良い香りを放っています。
また、一抱え程の大きな八寸柱は、手鉋で削り上げてあるとの事です。
軒の垂木(たるき)も檜で 造られておりますが、反っているので一本の木からは一本の垂木しか作れないという贅沢なものです。
とても重厚な趣の在る白雲庵ですが、開かれた寺としての活動も盛んで、人々が訪れやすい場所 であること、輪が広がることを望んでおられるお寺です。庵内の所々に佇む石像は、鎌倉在住の晏侶(あんりょう)さんという作家の作品です。
2001年から北鎌倉で作品の展示をされている晏侶さんの石像は、2007年には白雲庵での展示が行われ、 出展後の石像はそれぞれ「しかるべき人」「しかるべき場所」に還るという事です。
例えば、「慈母 観音」という石像は、北鎌倉幼稚園(白雲庵へ向かう道すがらに在る磯谷住職が園長を勤める園) の正門の近くに置かれています。
展示会の他にも、演奏会等の会場として本堂を開放し、その収益を骨髄バンク、ユネスコなどに寄付しているそうです。
寺院墓地特別ご案内受付中
交通のご案内
電車:JR横須賀線「北鎌倉駅」下車、「北鎌倉駅」裏
特別販売墓地
特別限定区画:永代使用料一区画
120万円より建墓に際しましては低金利建墓ローンがご利用いただけます。
白雲庵墓苑 概要
所在地 神奈川県鎌倉市山ノ内462
墓苑名 白雲庵墓苑
本尊 宝冠釋迦如来像(指定重要文化財)
開山 東明慧日禅師坐像(国指定重要文化財)
施設 本堂・客殿・庫裏
  • 駐車場完備

  • 墓域からは霊峰富士山を一望

  • JR横須賀線
    北鎌倉駅より徒歩

詳しくは石鵬現地係員か、お墓コンシェルジュへ
お客様の声
鎌倉で霊園を探すには
お墓はいろいろなところにありますが、私はどうしても鎌倉の地で探したいと思っていました。と言うのも、生まれも育ちも鎌倉だからです。慣れ親しんだ土地で眠りたいと考えていました。 そこで、鎌倉を主にどんな墓地があるのか探してみることにしたのです。こんな時に役立つのはインターネット検索です。そして見つけたのは、鎌倉市 臨済宗 円覚寺山内白雲庵墓苑の案内、紹介をしている石鵬という石材店でした。 現地にて社員の方と同行見学させてもらいましたが、こちらは古都鎌倉という雰囲気にピッタリで、歴史ある墓所と言えます。趣のある雰囲気がとにかく気に入りました。まさに生まれも育ちも鎌倉という私に合っていると思ったのです。 すぐにお墓を購入しました。気に入った場所にお墓を持つことができて満足しています。
新区画を受け付けていた
霊園情報や墓地案内など、我が家にもこういったことが頻繁に起こるようになってきました。と言うことは、私たち夫婦もそろそろ、お墓を持つことを考えた方がいいのかもしれません。そんなわけで、自分たちなりに探してみることにしました。 私たち夫婦が見つけたのは、鎌倉市 臨済宗 円覚寺山内白雲庵墓苑です。ちょうど新区画を受付開始しているという情報を手に入れたので、こちらにしようかということになったのでした。古都鎌倉という立地条件も風情があっていいと思いますし、何よりも落ち着いた雰囲気が気に入りました。気になる価格も思っていたよりも安く感じられたので、すぐに申し込みをしてみることに決めました。 生きているうちにお墓を用意することができてホッとしています。

霊園・墓地情報:神奈川県 鎌倉市

霊園マップ

千葉県 神奈川県 東京都 山梨県 静岡県 愛知県
簡単らくらく 資料請求フォーム
永代供養墓・合祀墓 特集

インターネット検索ランキング

石鵬のブログ
会社概要
施工実績
仏壇
日本墓石店100選
全国石製品協同組合
各種カードで決済できます。

鎌倉五山・鶴岡八幡宮御用達石材店
霊園・お墓のことなら株式会社 石鵬

↑ページトップへ